霧雨魔理沙/キャラ対策/物部布都

よくあるデッキ構成 Edit

・まず、最も警戒すべき技は六壬神火抱水皿である。
 どちらも布都の立ち回りにおける生命線とも言える技で、神火は魔理沙の主要な射撃を尽く貫く強度を誇り、魔理沙のXを主体とした立ち回りをやりにくくする。
 水皿は固めはもちろん、置き技としても優秀で魔理沙が得意とする下からの差し込みを尽く妨害する厄介な技である。
 この二つを主軸に、サブウェポンとして貴竜の矢、立向坐山、天の磐舟、宝塔、法輪、大皿を組み合わせたデッキ構成が目立つ。
 それに加え、スペルカードは太乙真火と三輪の皿嵐が主体で合計で2枚が多い。

・六壬神火、抱水皿
 最も警戒すべき技。詳細は注意すべき技にて

注意すべき技 Edit

通常技 Edit

DA、5B Edit

・魔理沙は下からの攻撃が優秀で、布都DA5Bは斜め下への判定が弱いため、基本下方向からの差し込みをするのが無難。
 ただし、後述する神火・水皿による迎撃には注意すること。

TA Edit

必殺技 Edit

六壬神火

・前述のとおり、下方向への打撃が苦手な布都には下から攻めるべきだが、
 その下方向をカバーできる神火は水皿と並んで下からの迎撃に使われることが多く、差し込む時は要注意
・逆に言えば大皿がない限りは下方向への打撃での迎撃に乏しく、射撃でしか対処できないということなので
 神火をしてきたらグレイズして攻撃、距離をとるようなら仕切り直しという風に対処しよう。

抱水皿

・神火以上に下方向に対する迎撃として使われることが多く、差し込み時は要注意。
・Yとブラストなら水柱を貫けるので、それらで水皿発動時の硬直の隙を狙うのも手。特に誘導性能が高い神Yが狙いやすい。

アイテムカード Edit

否徳の法輪 Edit

魔女の箒 Edit

毘沙門天の宝塔 Edit

仙風大皿 Edit

立ち回りまとめ Edit